O脚の悪化リスクが一発でわかる歩き方の特徴とは?

予防

O脚に悩んでいる人「O脚を治したいと思っているんですけど、どんな筋トレがいいんですか?ストレッチがいいって話を聞いたこともあるし、何が正しいのか良く分からないんですよね。」

 

 

 

このような悩みに答えていきます。

 

 

理学療法士として多くの患者さんをみてきましたが、O脚が進行してひざの関節症になる方は少なくありません。関節症の手術をする方の多くは中高年者ですが、もっとずっと若い方でも歩き方を見れば将来的にひざが壊れること予測できたりします。

 

この記事を読めばO脚を悪化させる特徴的な動きが理解できます。またO脚を改善させるための基本的な考え方が身に付きますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

✔本記事の内容

・痛みが強いならば、まずは整形外科へ!
・O脚を進行させる「ラテラルスラスト」とは?
・ラテラルスラストを改善させる方法

 

 

痛みが強いならば、まずは整形外科へ!

 

痛みがあったり関節が変形するほどのO脚であれば関節症に進行している可能性もありますので、何よりもまず整形外科にかかることをおすすめします。

 

「整形外科にかかっても何もしてくれない」「マッサージに行った方がよっぽど楽になる」と話をされる方もいますが、きちんと医学的に診断してもらうことはとても重要です。

 

とくに重症な場合には手術を行うべきかどうか、手術をするならばタイミングはいつ行うのがベストなのかなど、十分に相談して心構えをする時間が必要になります。

 

またレントゲンを一度撮影しておくと、痛みがぶり返して再び受診したときに画像所見を比較してもらえることも大きな利点です。痛みの強いときは、まず病院へ行きましょう!

 

 

O脚を進行させる「ラテラルスラスト」とは?

ラテラルスラストとは、前足に体重をかける瞬間にひざが外側にスライドするような動きのことです。

 

以下の動画が分かりやすいです。

こちらの男性は、右ひざ でラテラルスラストが認めています。

 

また以下の女性ランナーでは両側でラテラルスラストを認めます。

 

ではラテラルスラストはなぜ良くないのでしょうか。

 

それは「筋肉で支えられた動きではない」からです。それでは何で支えられてるのかというと、関節組織や靭帯で支えられているわけです。

 

ウォークでもランでも、最も大きな衝撃を受けるのは前足に体重がかかる瞬間です。本来はそのタイミングで複数の筋肉が助け合い、滑らかに衝撃を吸収していきます。

 

ひざの関節組織や靭帯はとても強くできています。しかしラテラルスラストが出ているということは、歩くたびに体重×勢いの力がひざの関節周りにかかっているということになります。そしてそれは毎日何千回も繰り返されるんです!

 

理学療法士としては、「つらいです!」というひざの声が聞こえる気がしてしまいます…。

 

 

ラテラルスラストを改善させる方法

 

ラテラルスラストを認めた場合、どのように改善すればいいのかと悩むことと思います。しかし、これさえやれば必ずラテラルスラストが治るといった方法はありません。なぜなら、そもそもラテラルスラストを引き起こしている主な原因が何であるのかを調べる必要があるからです。

 

しかし何も改善策を示さないのは心苦しいですので、日本人の女性にありがちな内またかつO脚でラテラルスラストが出ている方に効きやすい方法を以下に示します。

 

 

✔かかと歩きの練習する

 

 

つま先を浮かせたままかかとだけで歩く練習をします。前足に体重をかけた瞬間にひざ上の筋肉をはたらかせるための練習です。

 

かかとだけで歩くと、ひざの上にある筋肉がはたらきます。前足に体重をかけ始めたタイミングで、ひざが外側にブレていないか確認しながら行ってください。筋肉の反応がにぶいときは、ゆっくりと体重をかけた方がいいかもしれません。

 

またあなたが歩くときに、前足はどこから地面に着けているでしょうか?

 

もし小指の外側から地面に着くような歩き方であれば、ラテラルスラストを最も誘発させやすい歩き方といえるでしょう。できれば今すぐにかかとから着ける歩き方に変更することをおすすめします。

 

 

✔浅いフロントランジを行う

 

フロントランジとはこのような運動です

 

この男性のようにダンベルを持つ必要はありません。また、前足のひざをこんなに深く曲げる必要もありません。

 

大切なのは、歩いているときのラテラルスラストを改善させることですので、歩幅はふだん歩く程度またはそれ以下にしましょう。また最初は勢いをつけずにゆっくりと行った方がいいです。

 

そして前足のかかとから体重をかけていくときに、ひざがぶれないように注意することが最も大切です。クセを直すのは大変ですので、ぜひ根気よく練習してください。

 

 

✔お尻や太腿の内側をきたえる

 

筋トレをしたりストレッチもいいかもしれませんが、これらはあくまでもラテラルスラストを制御するための要素でしかありません。

 

野球のピッチャーは筋トレだけしていても球速が上がりません。筋トレとピッチング練習を組み合わせて行うことによってパフォーマンスが上がるわけです。

 

ですので、浅いフロントランジでどうしてもひざを滑らかに制御できないような人は、筋トレを組み合わせて行うのも効果的だと思います。

 

しかし ひざの使い方が分からなくなってしまってる というのが主な原因の方は少なくないですし、筋トレをしても使い方が改善しなければ意味がないですので、「ひざが外側にブレずに滑らかに動く」ということを一番の目標として練習を進めていくのが最も良い方法です。

 

ひざを守ってぜひ元気に過ごしてくださいね!

 

 

コメント